KAMEOKA FLY BAG Project  お披露目

2019年7月6日(土)・7日(日)
時間:12:00〜20:00
会場:亀岡駅北口ロータリー

※天候により開催時間の変更及び中止となる場合があります。
※当日の開催情報についてはSNSをご確認ください。

「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」から生まれたプロジェクト

昨年12月、亀岡市は「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」を国内外に広く発表しました。この宣言をきっかけに、日頃から市民のみなさんとともに環境問題について考え、行動する機会が増えることを願い、このたび立ち上がったのが「KAMEOKA FLY BAG Project」です。

 

_________________________________

What’s FLY BAG ?

 

亀岡の上空を泳ぐ色とりどりのパラグライダー。その姿を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。
それらのパラグライダーは、自動車の車検同様数年おきに検査があり、厳しい安全基準によって管理されています。劣化が進み検査を通らなかった古いパラグライダーはフライトを許可されず、パイロットたちの自宅で静かに眠るか、廃棄処分されるしかありません。
役目を終えたこの軽く丈夫な生地の存在に注目し、素敵なバッグとして生まれ変わった姿が「FLY BAG」です。空でひろがった大きな布が、形を変えて、今度はまちの人々の暮らしへとひろがり、未来のまちの風景をつくり出します。

 

− STORY

かめおかで「あつめる
素材となる生地の提供を呼びかける

仲間で「つなげる」
布を縫い合わせ大きなパッチワークをつくる

まちの人たちに「お披露目」
「FLY BAG」の素 巨大BAGの完成!(2019年7月6日・7日)

ひとりひとり「きりとる」
大きなパッチワークから好きな所を切ってBAGをつくる(2019年10月予定)

毎日「つかう」
BAGをつかってまちにひろがる

世界に「ひろげる」
みんながプラスチックごみゼロ宣言の応援団になる!

 

_________________________________

亀岡市の環境政策

亀岡市では、2012年に内陸部の自治体で初めて「海ごみサミット」を開催し、保津川から海ごみを無くす取り組みを発信。こうした取り組みをさらに深化させ、自然環境の保全と地域経済の活性化に一体的に取り組むことを目的に、2018年12月13日に「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」を行い、「世界に誇れる環境先進都市」を目指しています。

 

 

アートディレクター:武内昭(THEATRE PRODUCTS
ファッションブランド“THEARE PRODUCTS(シアタープロダクツ)”の代表兼デザイナー、フラワーショップ“ディリジェンスパーラー”のファウンダーであり、京都造形芸術大学の准教授を勤める。
THEATRE PRODUCTS(シアタープロダクツ)は「洋服があれば世界は劇場になる」をコンセプトに2001年設立。エレガントで女性らしいウエアと、ユーモアとウィットに富んだアクセサリーなどを通して、ファッションブランドに起きるすべての出来事を舞台にあげてスポットライトを当てる。デザイナーを武内昭と森田美和が務める。

主催:亀岡市、かめおか霧の芸術祭実行委員会
協賛:バーズパラグライダースクール
協力:世界に誇れる環境先進都市かめおか協議会、一般社団法人亀岡青年会議所、Adapis とーじ・まサトシ
アートディレクション:武内昭(THEATRE PRODUCTS)
制作統括:UMMM

 

問合せ
事前/生涯学習部文化・スポーツ課文化・国際交流係
Mail:sports-suisin@city.kameoka.lg.jp
Tel :0771-25-5055
イベント当日/KIRI CAFE
Mail:kameokakiricafe@gmail.com
Tel :050-3555-2211