素顔のかめおか|特別企画

2020年1月18日(土)・19日(日) 10:00-17:00
・山フーズ×SHOKKI による「全部つくって全部たべる」ワークショップ
・生ける野菜展

会場:ガレリアかめおか 1F 料理実習室・ロビーギャラリー
共催:京都信用金庫

山フーズ×SHOKKI による

「全部つくって全部たべる」ワークショップ

企画:山ト波 + 山フーズ(小桧山聡子)+ SHOKKI

 

A.  食べられる器を作るワークショップ

2020年1月18日(土)・19日(日)11:00-(1時間程度)

山フーズ× SHOKKIと一緒に食べられる器、フォーク、スプーンを作りましょう。Aのワークショップ参加者は、自分の作った器でBの野菜のビュッフェ体験に参加していただけます。

  • 場所:1F 料理実習室
  • 料金:1300円(器・フォーク・スプーン・軽食込み)
  • 定員:16名(事前予約制)

 

B. 食べられる器でビュッフェ体験

2020年1月18日(土)・19日(日)13:30-(1時間程度)

SHOKKIが作った食べられる器に亀岡産の野菜をのせて、ビュッフェを楽しめます。

  • 場所:1F ロビーギャラリー
  • 料金:1000円(器・軽食込み)
  • 定員:30人(要予約/空きがあれば当日参加可)

 

プロフィール

山フーズ yama foods (小桧山聡子)
1980年東京生まれ。多摩美術大学卒業。
“素材としての勢い、料理としての勢い、美味しさ” を大切にしながら、“食べる”ことをカラダ全部で体感できるような仕掛けのある食の提案や、さまざまな表現・感覚と食を繋げる試みなど、独自の視点で「食とそのまわり」の制作を行っている。
企業、美術館、ファッション・アート関連のレセプションなどで空間演出も含めたケータリングを多数手がけるほか、食を用いた広告撮影、イベント企画、ワークショップ、商品開発、レシピ提供、執筆、講師など既存の枠を越え多岐に渡って活動。2018年山形ビエンナーレでは作家として参加し、食を用いた作品を制作。
yama-foods.jp

SHOKKI
SHOKKIは2013年にスタートしたハンドメイドのセラミックレーベル。「ま、いっか。」くらいの気楽さと自由さで、食器や鉢、オブジェなど、一点もののプロダクトの企画と制作をしています。
https://shokki.org/

____________________________________________

生ける野菜展

2020年1月18日(土)・19日(日)10:00-17:00

 

亀岡近郊で野菜づくりをしている農家さん達に野菜を生けてもらう展覧会。

  • ● 農家さんとの会談や試食会
  • 1月18日(土)14:00-16:00
  • ※試食は数に限りがあります

____________________________________________

予約・問い合わせ

かめおか霧の芸術祭実行委員会事務局
(かめおか霧の芸術祭 事務局亀岡市 文化・スポーツ課内)

  • 〒621-8501 京都府亀岡市安町野々神8番地
  • TEL 0771-25-5055(直通)
  • FAX 0771-22-6372
  • MAILsports-suisin@city.kameoka.lg.jp