2021/7/31更新

KIRI²芸術大学|夏のカラダを楽しむお灸体験 レポート

7月31日(土)10:00~12:00
講師 :佐藤壮一郎
参加者:4名
参加費:2000円/人

千歳町にあるKIRI CAFEにて「夏のカラダを楽しむお灸体験」が開催されました。

現在KIRI CAFEでは畑でヨモギを育てています。

ヨモギはハーブの女王とも呼ばれ、美容や健康増進に対して代表的な薬草として知られており、古くから和菓子やお茶、染め物などさまざまな活用法があります。

そこで今回はヨモギの活用法の一つでもあるお灸を体験していきます。

医療制度が発達した現代では、医療機関に任せていれば最低限必要な医療は受けられます。

しかし、古くから伝わる健康管理の術を知ることにより、病気になる前に自身の身体と向き合う機会ができます。

体調を崩してから体を大切に扱うのではなく、日々の暮らしの中で無理をしすぎない生活にするために お灸という伝統文化を体験します。

まずはお灸がどのようなものか鍼灸師の佐藤さんが参加者に据えていきます。

「お灸と聞くとやはり熱いイメージでしたが、実際に受けてみると温かく心地良いですね」と安心した様子の参加者。

そして次は簡易的な体質のチェックシートを使いそれぞれ自身の体の状態を観察します。

お灸の考え方のベースとなる東洋医学では、人の体を皆同じものとして扱わず、それぞれの体質から考えるそうです。

そこから自分の体にあったツボを選び自分でお灸を据えてみます。

天気もよく心地よい風を感じながら体を見つめ直します。

「普段いつの間にか忙しい生活になってしまいますが、ほっと一息ついて体を養ってあげる時間も大切ですね」と、これから早速お灸をご自宅でもしてみるという参加者もいらっしゃいました。

10月23日(土)には畑のヨモギを擦り潰し、実際にお灸にするまでの過程を体験します。

こちらからお申し込みいただけます。