2020/10/29更新

KIRI2芸大レポート | 手彫りでつくるヒノキのパン皿03

開催日:9/13(日) 10:00~15:00
講師:吉田欣司(家具職人 / YOSHIDA WOOD STUDIO)
参加者:5名

今回も人気講座「パン皿」づくりが始まりました。

先生からどんな彫り方があるのか聞きながら、まずは大まかに形をつくるため大きく彫っていきます。

初めの緊張した一刀目から、短い時間でどんどん様子がかわり、彫刻刀で木を彫る音が違ってきます。

彫っていくと木目が現れたり、彫りづらいところが出てきたりするのですが、木と話しながら、木目と相談しながら
自分のかたちをつくっていきます。

今回は出来上がったパン皿を横に並べて参加者で合評。制作途中では他の人がどのように彫り進めているか
自分の作業でいっぱいで見れないのでみなさん違いに興味津々。

1枚の木を彫るというシンプルな作業ですが、様々な違いがわかります。

メンテナンスしながら大切に使い続けていきたい特別なパン皿が出来上がりました。