KIRI²芸術大学

<西村文夫>カイロプラクター、出張そば打ち職人 <中野恵二>保津川こなこな研究所(ひのまる米工房)代表  NPO法人ふるさと保津 副理事長

西村 文夫・中野 恵二

<西村 文夫>
平日は、カイロプラクティック施術院、週末は、出張そば打ち職人。
2003年ごろ、テレビ番組をきっかけにそば打ちに目覚める。
そばの世界は、深く、のめりこむ中で、原材料にこだわり始め、2012年からそばの栽培にも携わる。
2012年から亀岡市保津町と本梅町に畑を借り、ソバを育て始める。
自家栽培した無農薬のそばの実を、実の甘皮を生かす石臼にて手びきをするなど、
手間と時間をかけながら昔ながらのスタイルにこだわる。

<中野 恵二>
愛宕谷川の水を利用して水車小屋で精米製粉業を始めた曽祖父から4代目。
粉を使って村おこしが出来ないかと始めた「保津川こなこな研究所」代表。
近年、蕎麦さろん極の西村さんと「じゃこ田の学校 保津そば体験教室」を開催。
保津そばの裏作として保津小麦の栽培も実施。
ほづ藍工房・京都先端科学大学協力のもと「幻の京の水藍」を復活栽培し、食べる藍を研究中。

ワークショップ内容

「2021 霧が育てる保津そば九十日の旅」
-まく・かる³・うつ・たべる-

そばの「種まき」から「そば打ち」まで、じっくりと学ぶ全5回の講座です。
みんなで種まき、草刈り、収穫、脱穀、最後はそば打ち、保津そばの九十日を学びます。

今年度 第ニ回は 草刈りと保津散策 です。美味しいそばを作るために畑の手入れをし、保津に詳しい講師の先生の視点から保津を観察してみます。

各回でお申し込み頂けますが、連続にて受講をお勧めしております。
また、1月には新蕎麦の試食会も行う予定です。

こなこな研究所共催

開催場所:保津町第五区会議所前の畑
https://goo.gl/maps/xYm8JUF8phXkKcKA6

参加費:2000円/各回

持ち物
汚れても良い服装、長靴、飲み物
参加費
2,000円
支払方法
当日、現地にて現金のみで受付いたします。
開催日
9月11日(土)
開催時間
09:00〜13:00
募集人数
各回10人

アカウント登録
ログアウト
プロフィールを編集
予約履歴
Subscribed items
登録
close
プロフィール
close
予約履歴
close
ID 予約日時 カレンダー 状態
予約の詳細
close
予約の詳細
講座を選んでください
講座の詳細
下記のアドレスに認証コードを送信しました。 認証コードを入力してください。

※日付下の数字が残席数です。