キックオフイベント 混ざる霧と音

2018年11月25日(日)
時間:13:00-15:00
会場:ガレリアかめおか
入場料:前売り1,000円/当日1,200円

作曲家/ピアニスト、エイコン・ヒビノを中心とした、心と体のためのコンサートと、京都の電子音楽家、KND、小松千倫らの亀岡の環境を取り入れた音楽とパフォーマンス。

_________________________________

タイムスケジュール



13:00-14:10
第1部 528Hz 心と体を整える癒しのコンサート
エイコン・ヒビノ、赤穂美紀、楠田名保子、 かめおか市民オカリナ演奏団 with 大沼光代

14:20-15:00
第2部 亀岡・霧のサウンドスケープ
KND + Shoichi Murakami + 八木良太、 小松千倫

司会:大谷晶子

 

_________________________________

アーティストプロフィール

第1部

ACOON HIBINO (エイコン ヒビノ)
作曲家/ピアニスト
ストレスの軽減や心身の不調を和らげると言われている1秒間に528回の振動数を持つ周波数“528Hz” の響きを活かした演奏活動を始め、2015年1月テイチクエンタテインメントより、フルアルバム『心と体を整える~愛の周波数528Hz~』でメジャーデビュー。528Hzを音楽理論や医学的観点から作曲。その手法が高く評価され、第57回日本レコード大賞企画賞を受賞。2018年 7月 京都・亀岡に森の音楽スタジオ『MOON studio』を創設。『京都・かめおか観光PR大使』に就任する。最近では「音楽」だけに留まらず、「アート」の世界にも力を発揮して『目に見える音の世界』を表現している。

赤穂美紀(あこう みき)
ボーカル
大阪音楽大学短期大学部ミュージカル科卒業。2003年日本ラテンアメリカ音楽協会コンクール全国優勝。クラッシック、ミュージカル、ゴスペル、ラテン、オペラなど様々なジャンルで活動してきたため幅広いレパートリーを持つ。2015年「MIZUTAMAHIME feat.赤穂美紀」をリリースし、テイチクエンタテインメントよりメジャーデビュー。現在、平和と愛”のための力強いメッセージを歌に託して新たなる”社会貢献”に力を注いでいる。

楠田名保子(くすだ・なほこ) 
二胡
2002年中国人二胡演奏家の程 農化氏に師事。2年後よりソロ活動を開始。これまで独奏での演奏会の他、寺院にて聲明・雅楽・舞楽との共演、シンセサイザー、ピアノ、バイオリン等 西洋楽器や他の民族楽器、歌とのコラボでの演奏会、録音など、様々な形で演奏を行う。2015年国際二胡コンクール <高級部門> 銀賞受賞(香港国際芸壇主催)。心に伝わる演奏を追求し、音色に定評がある。関西を拠点に全国で活動中。後進の指導にもあたる。

 

第2部

KND + Shoichi Murakami + 八木良太
現在進行形のエレクトリックジャズを体現する UCND の鍵盤奏者 Shoichi Murakami とエレクトロニクス KND 、メディアアーティスト八木良太によるフリーインプロヴィゼーション。

小松千倫 (こまつ・かずみち)
16歳よりコンピューターを使った作曲をはじめる。これまでに「flau」等のレーベルより3枚のアルバムをリリース。小瀬村晶、くるり、泉まくら、Qrion等のリミックスワーク、中村弘二のプロデュースワーク等を手がける。自然や街のなかの様々な音をフィールドワークを通して採集し、それらの音素材をもとに霞や霧のような抽象的なサウンドスケープを構築する。