「むむむ?」  | ×亀岡高校 美術・工芸専攻

  • 開かれたアトリエ

【開催概要】

日時:2月18日(日)〜3月10日(日)9時〜17時(最終日のみ15時まで)

入場無料・会期中無休

場所:亀岡市役所地下1階「開かれたアトリエ」

出展者:亀岡高校 美術・工芸専攻の6名の生徒さん

【内容】

亀岡高校普通科美術・工芸専攻は、京都府内唯一の普通科で美術・工芸が学べる環境です。

「普通科だけど、普通じゃない。~私が変わる、美術で変わる。~」をモットーに、美術を通して様々なヒト・モノ・コトと繋がるプログラムを多数展開しています。

 かめおか霧の芸術祭では、今年も「×亀岡高校」の取り組みとして、美術・工芸専攻の生徒さんと共に考え、悩み、多くの挑戦を経て、展覧会を開催します。霧と、夢と、6人のチームを意味する「むむむ?」は、すぐ先の未来がはっきりと見えないような霧の中でも、勇敢に夢に向かって突き進む6人の合言葉です。悩んで「むむむ」、閃いて「むむむ」、分からなくなって「むむむ」・・・。見る人もつい「むむむ?」と引き込まれてしまう、不思議な展覧会へようこそ。

【出展者名(学年)・作品タイトル・ひとこと】

⚪︎清水 千寛(高校1年)

「タツ」

人に触れていただいて感じてもらう作品を作りました。

⚪︎藤田 葵(高校1年)

「不自由なリベルテ」

みなさんの協力があって完成する作品なので手伝ってください!

⚪︎村田 さやか(高校1年)

「ヒト」

変更に変更を重ねてよかったと思える作品が作れました!

⚪︎加納 初希(高校2年)

「起源」

たくさんの人のアドバイスや助けがあったからこそ実現できた作品です。

⚪︎小柴 桃香(高校2年)

「ばっちゃんズ」

人生初めてのオリジナルキャラクターを作りました。

⚪︎菱田 直央(高校2年)

「感情を掴む」

作品タイトルまんまの事が体験できます!!!!!