2021/3/30更新

〜めぐるかめおか〜|KIRI²芸術大学|自分の色の組み合わせて”色相の椅子”をつくろう

開催日時:2021年2月21日(土)13時〜16時
開催場所:旧おぎた商店
講師:森太三

今回の「KIRI²芸術大学」では森太三さんの〈自分の色の組み合わせて”色相の椅子”をつくろう〉と題して、木材とダンボールを使用した椅子づくり講座が開催されました。

作り方は、森さんが用事した椅子に側面や座面にダンボールを貼り付け、自分の好きな色を塗って行くというもの。ワークショップで使われた段ボール芸術祭・協賛会社 パックスサワダ 亀岡工場様で出る端材を使います。

とてもシンプルな作り方ですが、皆さん色決めや側面の段ボールの位置をた悩む人が続出。自分の理想に近づけるためにやればやるほど悩んでしまうのがつきものです。しかし皆さん悩んではいるものの、楽しいそうに黙々と椅子作りに励んでいました。
椅子製作の工程は皆さん様々です。ダンボールを椅子に貼り付ける前に色を塗る人や、全て椅子に貼り付けてから色を塗る人と、やり方はそれぞれ。また用意されていたマスキングテープを模様のように貼り付けたり、色を塗り分けるために使ったりと工夫されていました。

ワークショップの参加者は親子で参加されている方が多く、お子さんもさる事ながら親御さん達の方も慎重に作業を進めていきます。参加されていた親御さん達は筆を持つ機会が少ないようで、段ボール位置や色を決める中で、親御さん達もお子さん一緒に黙々と作業されていました。
子供でも大人でも楽しく、そして頭と体を使い、夢中になってできる”色相の椅子”。完成したら持ち帰ることができます。参加された方ほとんどが「お家で使います」とのこと。親子で協力して完成させた椅子が普段から使うことができるって、親子のいい思い出になったと共に、お子さんにとっては”美術”に触れられるいい経験になったのではないでしょうか。