2019/12/25更新

こどもうるし体験プロジェクト

開催日時
2019年12月16日(月)、12月20日(金)
開催場所
12月16日(月):亀岡川東学園
12月20日(金):薭田野小学校
講師
安井友幸(京都市立芸術大学教授)
大矢一成(京都市立芸術大学准教授)

〇実施内容
こどもたちに漆について知ってもらい、興味を持ってもらうきっかけづくりを目的として、漆塗りの竹とんぼに金箔を施す特別授業を行いました。

はじめは紙芝居などを交えながら漆について学び、その後、砂子蒔きという技法を使って竹とんぼに金箔を振りかけていき、子どもたちにオリジナルの竹とんぼを作ってもらいました。そして最後に、完成した竹とんぼで遊びました。

 

〇実施結果
はじめの漆についての紹介では、紙芝居形式でクイズを出題したり、本物の漆の木の一部を持ってきて説明したりなどして、こどもたちが参加しながら前のめりになって聞いている様子がうかがえました。

竹とんぼに金箔を施す砂子蒔きでは、竹とんぼにマスキングテープで好きなように模様をかたどった上から金箔を振りかけることで、オリジナルの柄の竹とんぼができ上がりました。また、木の端材に穴を開けて竹とんぼを飾るための土台作りも並行して行いました。

完成した竹とんぼで遊んだほかにも、講師が今までの活動で制作した漆塗りのパズルやけん玉、滑り台などの玩具で遊び、手で触れて漆塗工芸を体験できる機会となりました。

主催
亀岡市、かめおか霧の芸術祭実行委員会