2019/10/31更新

第2回 ロゴマークプロジェクトワークショップ

開催日時
2019年10月29日(土) 14:00〜16:00
開催場所
亀岡市役所会議室
講師
奥村昭夫氏

○実施内容
亀岡市の環境ロゴマークを作成するための「ロゴマークプロジェクトワークショップ」の2回目を開催しました。参加者は各自の好きなマークとその理由を発表し、その後、奥村先生がデザインされた商品パッケージやマークの作成プロセスを参考に、各グループで、「プラごみ0」の背景や目指す未来を考え、それに関する単語やフレーズを出し合う作業を行いました。

出された言葉は、イメージや分野ごとに分類し、それらの言葉を集約する別の言葉を出し合う作業を行った。参加者は言葉出しの作業を通して、各自が「プラごみ0」に込めたい思いや伝えたいメッセージを整理することができました。

————————————

○「亀岡市 環境ロゴマーク」とは?
2019年の夏から、市民の皆さんとともにプラスチックごみゼロ宣言を切り口に「世界に誇れる環境先進都市・亀岡」のあり方を考えてきた「Plastics Smartかめおか100人会議」。会議やディスカッションを経て、出された意見に芸術の視点を取り入れ、ロゴマークの制作が行われました。

制作にあたっては、かめおか霧の芸術祭実行委員会が主体となり、江崎グリコのロゴや牛乳石鹸赤箱のデザインを手がけられたグラフィックデザイナー・奥村昭夫さんを中心に3回のミーティングを実施。グループごとに意見を出し合い、”つながる”や”ゼロ”といったキーワードが集約されてきました。

そして12月7日、それらのキーワードをもとに奥村さんが描き起こした3つのデザインが提示され、最終決定会議が開かれました。会議では3案それぞれについて奥村さんからコンセプトの説明があった後、参加者の投票によりロゴマークが決定。選ばれたロゴマークは2020年1月18日開催「かめおか霧の芸術祭」において発表されます。

主催
亀岡市、かめおか霧の芸術祭実行委員会
企画
かめおか霧の芸術祭実行委員会

関連記事