KIRI²芸術大学

堀田典男

大学で森林生態、動物生態を学びそれと機械工学を学ぶ。
カワネズミ(食虫類:モグラの仲間)に興味を持ち
その生態を追いかけて40年を超える。
また、家業である機械鍛冶屋(機械の設計、加工、組み立てをする)に従事、
鍛冶屋でもものづくりの原点である野鍛治(農林水産業の道具を作る鍛冶屋)に興味を持ち修業し直す。
現在は哺乳類の生態を追いかけて調べまた、環境教育に力を入れている。
それと同時に野鍛治をして暮らしている。

ワークショップ内容

「農具の再生」
”鍛冶と道具”

現在の機械農業が中心となるまでは、農具は人それぞれに合わせて作られ、修理して大切に使って来ました。
使い込まれている農具には、使っていた人の歴史が詰まっています。

第1回
この講義では、農具・鍛冶について野鍛冶の堀田さんによる座学と、
家にある農具・使えなくなった道具再生(鍛治)のデモンストレーションを行います。
野鍛冶の実演を含めて「道具とは何か」について学ぶ講座です。

※家にある農具・使えなくなった道具の再生を希望の方はその場で相談して、
後日工房にて再生が行われます。

第2回予定
インテリアなどに使える鉄のフックづくり

集合場所:KIRICAFE(〒621-0004 京都府亀岡市千歳町毘沙門向畑39)

持ち物
家にある農具・使えなくなった道具がある方はお持ちください(なくてもOK)
参加費
2,000円
支払方法
当日、現地にて現金のみで受付いたします。
開催日
7月11日(土)
開催時間
13:00~15:00(座学1時間・鍛冶デモンストレーション1時間予定)
募集人数
10人

登録
close
プロフィール
close
予約履歴
close
ID 予約日時 カレンダー ステータス
予約の詳細
close
予約の詳細
あなたの個人情報は表示されません。
講座を選んでください
講座の詳細

※日付下の数字が残席数です。