開かれたアトリエ 展示企画 • 八木良太


亀岡市役所、地下1階•開かれたアトリエ【図書コーナー】の今季のテーマ「音」にあわせアーティスト 八木良太さんの作品展示を開催致します。

期間:101日(金)〜17日(日)

時間:9:00~17:00

入場:無料

Title:Cicada

Production year:2008

天井に取り付けられたオーディオプレーヤーから伸びるイヤホンの先に蝉の抜け殻を取り付けた作品。ヒグラシとニイニイゼミ、ツクツクボウシの鳴き声が再生される。

The cast-off shell of a cicada is attached to a pair of earphones dangling from a digital audio player on the ceiling. The singing sounds of Higurashi (evening cicada), Niiniizemi (kaempfer cicada), and Tsukutsukuboshi (meimuna opalifera) singing are reproduced.

八木良太

1980年愛媛県生まれ。京都芸術大学(旧京都造形芸術大学)空間演出デザイン学科卒業。京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)過程彫刻専攻単位取得満期退学。京都芸術大学(旧京都造形芸術大学)准教授 見たいものしか見ない・聞きたいことしか聞かないといった、我々の制限的な知覚システムあるいは態度に対する批判的思考をベースに作品制作を行う。既製品を用いて作品を構成し、その現れによって人間の知覚やそれを利用した工学的システムを浮かび上がらせるような作品を発表している。音響作品をはじめとして、オブジェや映像、インスタレーションからインタラクティブな作品など、表現手法は多岐にわたる。 ■ website : http://lyt.jp/