開かれたアトリエ OPEN


<亀岡市役所地下レストランが複合施設にリニューアルします>

亀岡市は市役所の地下1階レストランを、広く市民が利用することのできるレストラン兼コミュニティースペース「開かれたアトリエ(仮称)」へと改修を行いました。この施設は、レストラン・カフェ機能を維持したまま、コワーキングスペースやアート展示、地域情報発信、イベント開催などの多機能を持たせ、市民がイノベーションを創発する拠点として運用が行われます。

 

【開かれたアトリエとは】

亀岡市は、2020年に内閣府からSDGs 未来都市に、さらには「かめおか霧の芸術祭」を中心とした取り組みが「自治体 SDGs モデル事業」に選定されました。「 開かれたアトリエ」 は 、この自治体SDGs モデル事業のイノベーションハブとして、 ワークショップに参加した市民の意見も取り入れながら、本市と協定を締結している京都芸術大学とその学生にも参加いただき整備しました。カフェ、レストラン、コワーキング、イベントスペース、作品展示、農産物の直売など多様な使われ方をする中で、多くの人々が出会い、イノベーションが創出され、ひいては SDGs の推進に資する場所となることを目指しています。


図書スペース併設

【開催概要】

名称:「開かれたアトリエ」
開店:2021 年 4 月 14 日(水)
時間:9:00 ~ 17:00
平日・土日祝問わず利用可能(年末年始を除く)
利用料金:無 料
事業者によるレストラン・カフェ営業があります
飲食しない方も利用可能です。


廃材の利活用とキッズスペース

【本件へのお問い合わせ/取材のお申し込み】
かめおか霧の芸術祭実行委員会 事務局(亀岡市文化国際課内)
TEL: 0771-55-9655(担当:小塩、岡田)