霧の芸術館 2021 (開催中)


京都市の西隣の亀岡市は、多くの優れた芸術家がアトリエを構えるアートのまちです
「かめおか霧の芸術祭」の展示企画として、亀岡ゆかりの芸術家の作品やアトリエなどを紹介する「霧の芸術館2021」が今年も始まりました
4つの会場は比較的混雑していませんので、ゆっくりと作品をご覧になれます
大本本部や文化資料館では在廊している作家に出会うことも!(在廊日は下端に掲載)
芸術家と身近に接することが出来るのも「霧の芸術館」の魅力です
*企画のタイトル部分をクリックすると詳細ページに移ります。
*より詳しい情報は随時こちらのwebサイトに追記するとともに、かめおか霧の芸術祭のFacebookInstagramで発信していきます。

 

A. 亀岡市文化資料館
線を引き続けるためのアーカイブ
芸術家の作品展示だけでなく、制作で使う道具やアトリエそのものをアーティストがリサーチして展示しています

日時 1月15日(土)〜30日(日) 10時〜17時
休館日(月)

B . 大本本部(みろく会館・春陽閣など)
亀岡ゆかりの芸術家展
15人の芸術家の作品を展示しています
大本本部の素晴らしい建物や敷地を舞台に、絵画、彫刻、陶磁器など色々な分野の作品が展示されています
とても広い敷地なので、比較的密を避けてゆっくりと鑑賞することができます

日時 1月15日(土)〜30日(日) 10時〜17時
休館日(月‒木)


 

C . 開かれたアトリエ
展示1 街と巡
展示2 霧のまち

市役所と思えない素敵な空間で「街と巡」をテーマに展覧会を開催しています

日時 1月15日(土)〜2月10日(木) 9時〜17時
休館日なし

 

D. みずのき美術館
HOME PARTY 08 – なんたうん2022 –
アール・ブリュットの考察を基本に据えた美術館として2012年に開館しました
「みんなで使えるオープンアトリエ」をテーマに、壁に自由に描いたり、椅子を作るなど自由に創作に参加できるプログラムが用意されています

日時 1月15日(土)〜30日(日) 10時〜18時
休館日(月‒木)

———
開催概要
2022年1月15日〜30日(日)
※休館日がそれぞれの施設で異なります。ご注意ください。

会場
A 亀岡市文化資料館
B 大本本部(みろく会館・春陽閣)

C 開かれたアトリエ(亀岡市役所 地下)
D みずのき美術館

GOOGLE MAP にまとめたマップはこちら!

[共通券 会場A・B]
大人500円
小学生以下 無料

[チケット販売所]
A. 亀岡市文化資料館
B. 大本本部(みろく会館・春陽閣)
※共通券で亀山城址とギャラリーおほもとに無料で入館いただけます 。
※ 開かれたアトリエ (会場C)、みずのき美術館(会場D)の入館は無料です。

作家在廊日(1/18変更)

霧の芸術館2021チラシ(PDF)

新型コロナ感染症対策(PDF)

 

主催 かめおか霧の芸術祭実行委員会 亀岡市
助成 (一財)地域創造
協力 亀岡市文化資料館/社会福祉法人松花苑/宗教法人大本/亀岡文化交流協会/アトリエカフェ/京都信用金庫
クリエイティブ paragram /副産物産店

<運営・お問い合わせ>
かめおか霧の芸術祭実行委員会事務局(亀岡市役所 文化国際課)
亀岡市安町野々神 8 番地

TEL(代表)|0771‒22‒3131/(直通)0771‒55‒9655
MAIL bunka-kokusai@city.kameoka.lg.jp

<新型コロナウイルス感染予防対策>
ご来場の皆様へのお願い
◯マスクの着用をお願いします。◯入場時の手指アルコール消毒にご協力ください。◯お客様同士の間隔を十分に保てるようご協力をお願いします。◯体調の優れない方は来場をお控えください。◯混雑状況により入場を制限する場合があり ま す 。

表紙のデザインは、亀岡市に数百基存在する遺跡の出土品を参考に制作しています。
引用:古代寺院跡出土軒瓦の文様